So-net無料ブログ作成

デアゴスティーニ ラリーカーコレクション購入【三菱・ランサーエボリューションⅥ(1999)】 [デアゴスティーニ]

デアゴスティーニ 『隔週刊 ラリーカーコレクション』の第4号を購入しました。

今月はほぼ毎週末イベントで外出しておりましたので、やっと先日購入となりました。 第4号である今回の付属モデル(IXO製)は「三菱・ランサーエボリューションⅥ(1999)」です。
10280.JPG

元々はギャランでWRCに参戦していた三菱ですが、WRCに勝つべくして小柄であるランサーのボディにギャランで鍛えられた4G63型エンジンを載せ、四輪駆動にしたものが「ランサーエボリューション」であります。

1990年代後半、三菱のWRCでの成功は「ランサーエボリューション」と「トミ・マキネン」によって造られたと言って良いと思います。 三菱に入るまで、幾多のチームで走ってきたトミ・マキネンですが、日産がもう少しラリーに力を入れていれば、マキネンのドライビングによってチャンピオンまで行けたのではないかな~と今でも考える事があります.... スバル移籍後は、自身よりもペター・ソルベルグを成長させる為、影から支えていました。 もう数年、走れるのではないかと思っていたのですが、若手の対等もあり2003年に引退。

三菱はこの通称「ランエボ」を使用しグループA規定のマシンを製作。 1993年に登場の「エボⅠ」からWRCに参戦し当初は苦戦を強いられましたが、時間を掛け着実に熟成を重ねた結果、1995年の「エボⅡ」ではWRCの総合優勝をスウェーデンで決めました。 同1995年、「エボⅢ」をシーズン途中から投入。 翌1996年に進化した「エボⅢ」は三菱が独自に開発し熟成を重ねた、電子制御式のアクティブセンターデフとフィンランド人ドライバーである、トミ・マキネンのドライブにより、ついに三菱はドライバーズタイトルを獲得。 翌年以降もランエボは熟成を重ね、1999年は「エボⅥ」を投入、他のメーカーは1997年に導入されたWRカー規定に則ったマシンを投入してきており、大方の予想では三菱のタイトル獲得は難しいと思われてておりました。(私も実際そう思っておりました....) 開幕した1999年のモンテカルロで優勝を飾り、以後のレースも着実にポイントと勝利を重ねた結果、4年連続のドライバーズタイトルを獲得しました。

グループAにこだわり続けた三菱ですが、先にWRカー規定でのマシン製作をしていた他メーカーが力をつけ、2000年はライバルチームとの差が広がり勝利はたったの1勝のみ。FIAの特例処置によりWRカーの規定を取り入れた「エボ6.5」で勝利し復調するかと思われましたが、ランサーセディアベースの「ランサーエボリューションWRC」は熟成が進まず、三菱を離れスバルへ移籍する事になってしまいました。

今回のモデルは1999年の「三菱・ランサーエボリューションⅥ」のラリー・モンテカルロを再現しております。 早速箱から出してみましたが、私的にはなかなかのプロポーションだと思っております。 
10281.JPG
上からの写真、ボンネットのメッシュ部、中にエンジンがプリントされてますが、黒のメッシュを貼ろうか....
10282.JPG
ランサーのフロントマスク部分、やはりミニカーなので実際よりライト周りがゴツイ感じがします。
10284.JPG
モンテカルロなのでターマック・ラリーとのことで、ホイールは大きく、車高は低いセッティングです。
10283.JPG
斜め後ろからの見た感じ、結構カッコイイと思いますがどうでしょうか。
10285.JPG
本来のリア・スポイラーは2段式ですが、WRCでは規定に引っ掛かるので下側の隙間は埋められています。 しかしミニカーでは開いちゃってますね。
10286.JPG
リアシート部にはスペア・タイヤが入れられております。

90年代交換は総集編等のDVDを持っているので映像を観ておりましたが、マキネンが駆るランエボは速かった。 今回は購入して満足でしたが、アキバに購入しに行った際、5号のセリカも売っていたので一緒に購入しました。 これは明日にでも見てみようと思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0