So-net無料ブログ作成

今日のツールはスタートからの放送、2016年ツールドフランスをCS生観戦中!!<第15ステージ> [自転車]

 昨日の第14ステージ、4名が逃げを行い、3名→2名と減り、最後はメイン集団に吸収されるレースとなりました。 最後の最後まで逃げた二人に敢闘賞を送りたい.... そして、最後のゴールスプリントも白熱した展開となり、カヴェンディッシュが今大会4勝目となるステージ優勝を決めました。

 復活のカヴェンディッシュ、これでステージ優勝30勝、何処まで勝利を重ねられるのであろうか....

 そして、今日の第15ステージはブール=カン=ブレス ~ キュロズまでの159kmとなっております。 山岳ポイントが6か所、中間スプリントポイントが1か所となっており、山岳に関しては、1級→2級→3級→3級→超級→1級となっております。 

 これだけでも凄いと思ってしまいますが、等級なしの無しの山岳も2か所ありますので、過酷なステージである事は間違いありません。 今日のJスポの放送は、実況:白戸太朗 、解説:栗村修、井上和郎 となっております。 超級の山頂は標高1501m、その超級を下った後は最後の山岳を含め周回のコースとの事です。

 今日のJスポはスタートからの放送となり、先程選手達が走りだしました!! まずはスタート0km地点を目指します。 スタート前ですので、普通であればノンビリムードなのですが、今日は「超」が付くほどの山岳ステージですので、スタート前から緊張感が漂っております。 ここまで全く良い走りが出来ていないモビスターのキンタナ、山岳が得意としている選手ですので、そろそろ活躍をみたいですね。

 そして、0km地点に到達し、ここでスタート!! 一瞬の間を置いて、数名がアタック!! 山岳賞ジャージのデヘントが飛び出しました!! 2名が飛び出し、追従する選手も数名出てきました。 このままグループを形成する事が出来るか!! しか~し、逃げは失敗となり、集団での走りに戻りました。

 残り148km、軽い上りに入り、数名がアタック!! ここまで数回のアタックが行われておりますが、未だ成功せず。 そろそろ決まるかな.... その後、8名程の選手が飛び出す形になりました。 メイン集団から阻止すべく、選手達が逃げの選手を捕まえに行きます。 

 残り145km、ここで今日1つ目の山岳に入りました!! ロットのギャロパンが飛び出しましたが、逃がさせてもらえません。 1つ目の山岳から1級、勾配は12%との事。 長く連なっていた選手達ですが、ここで間が空きそうです。 

 残り142km、なんとなくグループになりかかっていた先頭からマイカがアタック!! ヴュイエルモーズも後ろに付け2名の逃げ始めました。 しかし.... ヴュイエルモーズは付いて行けない。 後方の集団では、いたる所で分断が始まっております。 スプリンター系の選手達は明日のステージに向けて温存する為だと思われます。 その後、マイカを追う形でザカリンが上がってきました。

 残り138km、ここで後方のメイン集団より、数名が飛び出そうとけん制中。 先頭2名は山頂まで1kmとなりました、そして1つ目の山頂はマイカが獲得!! 追走集団からは、ニーバリが飛び出しましたが、直前で抜かれ4位通過。 その後、ニーバリは下りになった途端に加速!!  先頭の二人、マイカはトップチューブに腰を下ろして走行中。 追走集団がメイン集団から先行、ニーバリの下りの速さが際立ち、先頭に2名に追いつきました。 トップ選手の下りテクニックは凄い。 メイン集団はSKYが先頭を走り、ペースをコントロールしております。 現在、差は40秒程になりました。

 先頭は残り131km、逃げの集団が大きくなった為、この後のレース展開も安定した感じになると思います。 逃げの集団に乗れず、取り残された4名にメイン集団が襲いかかります。 ペースが落ち着いた為、逃げとメイン集団との差が開き始めました。 残り128kmとなり、差は約2分と開きました。

 残り125km、逃げの集団が28人と大きくなった為、更に差が開きつつあります。 現在3分、まだまだ開きそうですね。 

 日本時間で午後9時となり、他のチャンネルにてmotoGPの決勝がスタート、ドイツGPとなりますが、雨とのレースとなり波乱がありそうです。 フレームを14年のフレームに戻したホンダのマルケス、見事ポールポジションを獲得。 雨の中でスタートが切られましたが、ロッシが先頭に躍り出ました!! さすがロッシ、この手のコンディションでは上手さはピカイチですね。

 先頭が2kmを進む間に1分の差が付き、残り123kmで4分となりました。 今日は5つ目の超級山岳へ入った時、逃げとメイン集団との差が気になります。 険しい山沿いの道を下るメイン集団、逃げの集団とのペースは、ほぼイーブンとなりタイム差は変らず。

 残り114km、逃げの集団は2つ目の山岳に入りました。 これにより、メイン集団との差は一時的に縮まると思われます。 ここで、一時山岳賞ジャージまで獲得したピノの情報が入り、ウイルス性の感染症でツールをリタイアした訳ですが、オリンピックも欠場する事が決まったとニュースが入りました。 あれだけ頑張ってたピノ、チョット残念です。 また、今大会で復活のカヴェンディッシュについては、オリンピックのトラック練習が相乗効果となり、今大会の好調を生み出しているとの事でした。 残り110km、メイン集団も2つ目の上りに入っておりますので、差は5分22秒まで開きました。 相変わらずメイン集団はSKYがコントロールしております。 

 ツールの合間にmotoGP、雨のレースとなった訳ですが、雨は上がりコースも乾き始めました。 先頭に出たロッシは3位に後退、マルケスに至ってはコーナーでコースアウトとなり。 危なくリタイアする所でした。 残り12周、一部のライダーはドライ用のマシンに乗り換えておりますが、切り替えの判断が難しい所です。

 残り107km、2つ目の山岳ポイントとなりますが、ここでヴォクレールがアタック!! マイカも驚き追走しますが、ヴォクレールが1位で通過しました。 2位にマイカとなりましたが、ヴォクレールの行動が読めない....

 motoGPは残り7周でトップ5台がピットへ!! マシンを乗り換えましたが、いち早くマシンを交換したマルケスが驚異的なスピードで走行し2位に上がっておりました。 コースアウトで10近くまで順位を落としたマルケス。 乾いたレコードラインをトレースする走りで未だにマシンを交換しないトップに襲いかかります。 そして、マルケスがトップに浮上。 凄い!!

 ツールは残り110km、先頭は3つ目の山岳に入りました。 逃げとメイン集団との差は6分20秒まで開いております。 ヴォクレールがガンガン行っておりますが、ここにきて力強い走りを魅せておりますね。 残り100kmを切り、タイム差は6分程になりました。 逃げとメイン集団、大分落ち着いた感じになって来ました。

 残り97km、先頭は3つ目の山岳ポイントをパウエルスが飛び出し1位通過、マイカが2位で通過し他の事で山岳賞の暫定トップとなりました。 そのまま下りに入り、マイカとパウエルスの2名が飛び出す形になってしまいました。 その後、中間スプリントポイントまで2名で走り、パウエルスとマイカの順で通過。 逃げの後方も追いついてきました。

 残り81km、ここで4つ目の山岳ポイントを通過。 今回もパウエルスが飛び出しましたが、マイカ等は追わず、パウエルスを行かせます。 そして、残りは超級と1級となりますが、現時点で逃げとメイン集団との差は7分となっております。 残り71.5kkm、ここで先頭の集団からファンバーレが飛び出しました。 単独でに出えおりますが、チームの戦略での飛び出しと思われます。 デュムランも飛び出しました!! ファンバーレも置き去りにし単独で逃げ始めております。 残り69km、ここでニーバリが飛び出し、ファンバーレとデュムランを追います。

 無級の山岳でデュムランがアタックした訳ですが、下りでも速い!! ニーバリだけでは追いつきそうもないと思われましたが、ここでポッツォヴィーボとパンタノがニーバリに追いつき、3人でデュムランを追います。 下りの終わりでニーバリ達がデュムランに追いつきました。 そして4人で超級山岳へ向かう事とになります。

 現在、残り59km、メイン集団との差は8分40秒程に開きました。 超級山岳に入り、逃げた4人は吸収される事となりましたが、マイカが超級を獲りに行きました。 ザカリンと2名で超級の山頂を狙います。

 残り50km、先頭の2名以下、逃げの集団は分断され幾つかのグループになりました。 そしてメイン集団との差は8分30秒程になっております。 そして超級山岳の山頂が近付いてきました!! マイカが先頭で通過、2位にザカリン、3位には2位グループから飛び出したアラフィリップが通過!! ここから下りとなりますが、疾走し一気に下り切ると思います。

 残り40km、先頭は下りで追いついた2名を加え、4名になりました。 メイン集団との差は7分40秒となっております。 下りはテクニックが必要となりますが、ザカリンとアラフィリップが遅れ始めました。 

 残り30km、先頭は2名となりましたが、アラフィリップが下りで落車下との事です。 しかし、怪我は無かったとのこで、一安心です。 メイン集団との差は7分30秒程。

 残り25km、マイカとパンタノは協調体制で逃げ続けます。 追走の4名とは50秒差となっております。 ここにはパウエルスやザカリン等おります。 更に20秒程で第3グループがやってきました。 ここには先程先頭を走っていたアラフィリップがおりますが、先程は落車では無くメカトラだったとの事です。 メイン集団との差は7分20秒程となっております。

 残り20km、パンタノが脱落しマイカが単独となりましたが、根性で追いつきました。 追走のグループとの差が縮まりつつあります。 メイン集団との差は6分20秒前後となっております。 ここでメイン集団からアスタナのアルがアタック!! モビスターのバルベルデが追走します。

 その後、逃げとメイン集団での大きな動きはほとんど無く、最後の山岳ポイントも通過。 マイカとパンタノの2名体制となった最後の下り、20秒ほど後ろに追走が近付きつつあります。 

 残り1km、先頭の2名はけん制が始まり、後ろの2名がかなりきております。 残り400m、パンタノが先頭、マイカが動きを見せ始めた!! 残り200m、マイカが出た!! パンタノの食い下がる!! パンタノがマイカに並ぶ!! パンタノが.... 前に出た!! マイカ諦めた!! パンタナが優勝!! 2位にはマイカが入り、山岳賞を奪いました。 そして3位・4位とゴールし、一時はトップに立ったアラフィリップが5位でゴール。 勝てた可能性が高かった為に、メカトラブルは痛い結果となりました。
nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 36

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0