So-net無料ブログ作成

27日の土曜日、4年振りにEUROPEの来日公演「Tour The Earth」へ行ってきた!! [音楽]

 昨年、ツイッターを巡っていた時ですが、EUROPEのギターリストであるジョン・ノーラムのツイートで日本公演の事が書かれており、それから情報を集めチケット購入。(先行発売があるとの事で、久々にラジオでPRTを聴いちまったぜ!!)

 チケットも無事に購入し、それから待つ事数か月.... 4年振りにEUROPEが来日してくれました!!

 今回の来日公演、関東は川崎にある「クラブチッタ」で行われますが、前回の時と同じ場所での開催となりますので、近いから嬉しい限り。 4月26日~28日の日程で公演が行われるのですが、今回は三日間共に内容が変わります。

 4月26日(NIGHT1)
「WINGS OF TOMORROW」と「WAR OF KINGS」のハイライト曲、 「THE FINAL COUNTDOWN」&「OUT OF THIS WORLD」のヒット曲、最新アルバム「Walk the Earth」からのセット。

 4月27日(NIGHT2)
「EUROPE」と「START FROM THE DARK」のハイライト曲、「THE FINAL COUNTDOWN」&「OUT OF THIS WORLD」のヒット曲、最新アルバム「Walk the Earth」からのセット。

 4月28日(NIGHT3)
「PRISONERS IN PARADISE」と「LAST LOOK AT EDEN」のハイライト曲、「THE FINAL COUNTDOWN」&「OUT OF THIS WORLD」のヒット曲、最新アルバム「Walk the Earth」からのセット。
※全日程「シークレット・ソサエティ」「バッグ・オブ・ボーンズ」からの曲も演奏予定。

 全ての公演へ行きたい所ですが、26日と28日は仕事と外出予定で行く事が出来ません。 そんな訳でして、今回は27日の公演へ行く事になりました!!
19042701.jpg
 前日にチケットの準備をしつつ、ネットで初日の状況を確認。 何やら会場は空いていると書かれておりましたが、大型連休の影響で26日締め日になっているのが理由じゃないですかね~。 私も26日が締め日になった為、どう考えても行けないと思ったくらいですので....

 そして、チッタのHPで状況を確認しいると、今回も2Fのバルコニー席が出来たらしい.... チケット購入者を多少に40名限定でアップグレード出来ると書かれております。 「こりゃあ狙わないと!!」と思い、27日は昼過ぎに家を出発し川崎へ向かいました。
19042702.jpg
 地下街を5分も歩けば到着となりますが、「クラブチッタ」は一番奥の為、更に進みます。 ほどなくしてクラブチッタに到着したのですが.... 何と2F席を求める人の列が多い!? やはり、私と同じ考えの方が多かったみたいです。 ダメもとで列に並び販売開始を待ちますが、その間にお隣のご婦人から声を掛けられ、EUROPEの話やメタル関係の話で盛り上がっておりました。 娘さんと来たとの事で、最初は付き合いで来たと思っておりましたが.... かなりのファンでした。 他の方とも話をしたりしておりましたが、チケットの販売が開始され.... 私の10人位前で販売終了。 楽してライブを観ようと思いましたが、ダメでした~。 その代わり、数人でしたがファンの方とも話が出来た事の方が良かったですね。 アップグレードが叶わなかったので....
19042703.jpg
 直ぐにグッズの先行販売の列へ並びました。 グッズもかなりの人が並んでおりましたが、入場後に購入するのは難しいと思いますので、先に購入です。 チッタの壁に貼られた今回のチラシを眺めながら販売を待ちますが、途中で雨が降って辛かった....

 さて、グッズも無事に購入する事が出来ましたが、入場時間までは結構時間があります。 一旦、チッタから離れ遅めの昼ご飯を頂き川崎をブラブラ.... たまに来る場所ですので、まあ時間つぶしに幾つかのお店を巡っておりました。

 16時から入場開始となりますので、5分前にチッタへ.... 先程までと違い、クラブチッタの前は物凄い人で溢れておりました。 入場チケットの種類ごとに分かれ、いよいよ入場開始です!!  入場後、まずはコインロッカーへ向かい荷物を収納。 そして会場内へ!!
19042704.jpg
 今回のステージはこんな感じです。 アルバム「Walk The Earth」の世界ツアーである「Tour The Earth」での来日ですが、アルバムのジャケットがドーンと描かれております。 雰囲気良いですね~、シンプルなセットが一番良いですよ。 

 さて、オールスタンディングですので、ここは並んだもの勝ちと思い、ステージ前に並んでいる人の後ろに入りました。 肝心のステージとの距離は.... う~ん、5~7m位ですかね。 ステージが結構近くに観えるのですが、背の高い方が多いので視界クリアとは行かない.... しかし、次々と観客が入ってきますので、移動しないでココに決めました。

 そして定刻である17時をチョット過ぎ.... EUROPEがステージに登場しステージが始まりました!! まずは今回のアルバムタイトルにもなっている「Walk The Earth」をプレイ!! おおっボーカルのジョーイ・テンペストが近いー!! めちゃくちゃ格好良いぞー!! そして、スゲー声が出てる!! この瞬間、私は一気にテンションMAXです。 ジョーイの歌声に負けず劣らず、ギターのジョン・ノーラムもソロパートで魅せてくれます。 心に響く歌声とギター.... 涙が出そうになりましたよ。 あっと言う間に曲が終わり、ノンストップで2曲目の「The Siege」へ.... 曲のテンポが少し上がる訳だが、この流れは良いと思う。 ノーラムのギター、乗ってきたぞ!! 

 2曲が終わり、ここでジョーイが「カワサキ、トーキョー、ジャパン!!」「今夜はどうだい?」みたいな事を言いながら次の曲へ.... 何と3曲目は「Rock The Night」です!! この曲をこの段階で持ってくるなんて.... 今日はタフなライブになりそうだ。 観客はノリノリでジョーイから「タノシンデマスカ?」や「コンバンハ!!」と聞かれ、観客は「イェーイ!!」の流れは定番。 そして、コーラスの掛け合いもいつも通りですが、と~っても盛り上がり、既にクライマックスの様な雰囲気ですよ!!

 「Rock The Night」も終わり、ジョーイからファンへの感謝と素晴らしい夜にしよう!! みたいな事を言っていたと思います。(確か....) 2日目は「START FROM THE DARK」と「EUROPE」からの選曲となりますが、次はデビューアルバムである「EUROPE」からのプレイとなり彼らが選んだ曲は.... 「In The Future Come」が来たぜ!!

 まさにEUROPEのデビューアルバムの1曲目、キーは下げてあり、テンポも若干スローとなりました、そんな事を感じさせない力強いプレイです。 ノーラムのソロもアレンジを入れておりますが、ちゃんと疾走感をだしており感動。 そして「In The Future Come」でガツンと上がったボルテージを落ち着かれる様に悲しいギターメロディが流れ、5曲目は「The king will return」へ.... おおっ、久々に生のプレイが聴ける~!! この歌は今のジョーイの声の方が合っているかも? ほんと、良い曲だよね。

 スウェーデンのバンドコンテストで優勝しプロとしてデビューを飾ったEUROPEですが、確かコンテストで演奏したので今の2曲だったと思います。 確か、そうだったよね.... 「The king will return」が終わり、ミックのキーボードソロとなりますが、所々にアノ曲のフレーズが入っており、「この曲は!?」と思っていると.... 6曲目の「Sign Of The Times」のイントロにつながります。(やっぱり思った通りだったぜ!!)

 アルバム「Out Of This World」の収録曲ですが、これも2005年の公演以来かな~。 この日のジョーイは声が出ており、綺麗に歌い上げてくれました!! もう感動ですよ、涙出た.... キー・マルセロ時代の曲ですが、ジョン・ノーラム弾くギターソロも凄い良いですよ~!! ジョーイから「手を叩いて!!」と投げられ、曲に合わせて手を叩いたり、コーラス部分を歌ったりで盛り上がりましたね。 これだからライブは楽しい!! 曲後にジョーイがメンバー紹介を行う流れになった訳ですが、誰に聞いたのかジョーイは事あるごとに、「ジョーイです」を繰り出します。 まるで「ヒロシです」みたいに.... まずはキーボードのミック・ミカエリ、次にドラムのイアン・ホーグランド、続いてベースのジョン・レビン、そして最後にギターヒーローと称されジョン・ノーラムが紹介。 既に活動再開後の方が多い年数となりましたが、今でも進化し続けるEUROPEに心から感動ですよ。

 そして次は活動再開となった2004年のアルバム「START FROM THE DARK」からとなりますが、その1曲目である「Got To Have Faith」を7曲目にプレイ。 ヘヴィ志向の振ったアルバムとなりますが、発売日に購入し初めて聞いた時に「凄い、今までと全く違う!?」と感じ、そしてアルバムに引き込まれた次第です。 発表直後こそ「EUROPE」は変わってしまった等と書かれた事もありましたが、このアルバムも良いアルバムですし、ノーラムのヘヴィでダークなイメージのギターも良いですね、ソロ部分も格好良い!! そしてジョーイが幾つか言葉を投げかけた後、8曲目は期待されている人も多かった「Hero」をプレイ。 イントロが掛かった瞬間に悲鳴に近い歓声を上げた方が結構おりましたね。 以前のライブではソロ部分のアレンジが凄かったイメージですが、今回はオリジナルに近いアレンジです。 「Hero」.... いつ聴いても名曲だな~。

 ジョーイのMCの後、次に演奏する9曲目は.... これまた人気のある「Ready or Not」が入ってきた!! 前半戦の終わりに向け、畳み込むように上げていきますよー。 一番の高音部分は無理ですが、うまくアレンジして歌い上げるステージのジョーイ、凄いオーラに包まれてるよ!! ステージ中を縦横無尽に走り回るジョーイに観客の歓声も移動.... そしてノーラムが弾くソロはオリジナルを考えないアレンジバージョンですが、ノーラム版「Ready or Not」の解釈で良いと思いますね。 激しい曲が終わり、10曲目は「Turn To Dust」をプレイ。 アルバム「Walk The Earth」の最後を飾る曲ですが、心に響く大好きな曲です。 目の前で演奏される「Turn To Dust」ですが、ソロ部分のアレンジを含め良いアレンジが施されており、またまた涙が出た.... ミックのキーボードの音、ノーラムが奏でる泣きのギター、そしてジョーイの歌声.... 心に響きます。 そして余韻が残る会場に雷鳴が轟きます。 
ライブでこの流れと言えば..... そう11曲目にプレイするは「Seven Doors Hotel」です。 演出的には良いですよね~。 ほぼ定番と言われる曲ですが、サビの部分では観客のほとんどがコーラスに参加です。 ジョーイも客席に向かって「歌おう!!」と呼びかけ大合唱に.... この一体感は何回体験しても良いですね~!! 前半戦最後となった曲ですが、大いに盛り上がり観客も一体になりましたね。 ジョーイが「ビューティフル!!」と言い、観客も「イエー!!」と返すわけですが、ここで「マサ・イトーが来てる」とジョーイ。 そうすると会場の至る所で「マサー!!」の掛け声が.... 伊藤正則さん、来てたのね。

 そして後半戦最初の12曲目となったのが「Paradize Bay」、この曲も盛り上がるな~.... ギターソロも最高!! この日のEUROPEですが、攻めのセットリストですよね、観客の方が先に疲れちゃいそうですよ。 そんあ私の心を読んでいるかの如く、13曲目に持ってきたのが名曲「Carrie」へ.... 一時期はジョーイのアコースティックバージョンでの演奏だけでしたが、最近はちゃんとプレイしてくれるんですよね~。 会場もしっとりしつつも、サビでは大合唱で盛り上がります。

 ジョーイから「次は2004年のタイトルトラックだよ。 タイトル言って!!」と言われ、会場から「Start From The Dark」とコールされ14曲目が始まります。 2005年のライブでは盛り上がりはイマイチでしたが、この日は盛り上がりましたね~!! その流れで15曲目「Spirit Of The Underdog」へ続きます。 演奏自体は悪くないのですが、ノーラムのギターが調子悪そうでしたよ。 盛り上がりましたけどね.... そして16曲目「Wake Up Call」へ続きます。 ここら辺までくると、サビでの合唱は普通になっておりますね~。

 次に17曲目として行われたのは、イアン・ホーグランドのドラム・ソロ!! 今回も同じ曲でのソロでしたが、近い分だけ見ごたえあり、一生懸命ドラムを叩くイアンに向けて拍手喝采です。 こうなると前回の流れから次の曲を予想する訳ですが.... その予想通り18曲目は「Ninja」プレイです。 来ましたよー来た来た!! サビでは誰もが「ニンジャ、サヴァ~イブ!!」と大合唱。 今回もノーラムのギターソロは輝いておりました!! 今回も感動です....

 さて、ここで次の曲へ行くと思いきや、ドラムのイアンにトラブル発生。 指のテーピングは外れたとの事で、新しいテープを待ちます。 メンバーと観客が見守る訳ですが、ミックがキーボードを弾き、イアンのテーピング早巻きコンテストに.... 巻き終わったイアンが「出来たー!!(と言ってると思われる)」と叫び、会場からは拍手喝采です!! EUORPEのライブ、いつも観客とのキャッチボールが多いいですよね、この時間も貴重な体験です。

 無事に準備も整い、ミックのキーボードで19曲目が始まります。 一瞬、「なんの曲だろう?」と思ったのですが、ジョーイが語る様に歌い始めた歌詞から「Memories」である事が判り、会場は大興奮!! 「Memories」、生で聴いた事が無かっただけに、「やったー、ついに聴けるぞ~!!」と私も興奮してしまい、チョット記憶が飛んでます。 サビの大合唱、そしてノーラムのギターソロ....超格好良い!! 生きてて良かった、ライブに足を運び続けて良かったと思った瞬間です。 本当、聴きたかったんですよね~。 夢が叶いました!! 

 「Memories」が終わり、一旦終了。 ジョーイは「カワサキ、トーキョー、ジャパン!!」、「サンキュー!サンキュー!!」と言い、メンバーはバックへ.... 会場からの拍手とファンからのコールが続きました。 数分が経ち、メンバーが再び登場!! ラストスパートの幕開けです!!

 アンコールの最初である20曲目は「Superstitious」を持って来ましたよ~!! ドラム・ソロを除き18曲を歌い上げたジョーイですが、歌声は元気そのもの。 見事な歌声で観客を魅了し、観客と行うコーラスは今回も最高でした!! オリジナルを基本にアレンジを加えたノーラムのギターソロも素晴らしいの一言。 そして、この日のジョーイは本当に高音まで綺麗に声が出ておりましたね。

 さあ、次は何かと思う目にドラムの音が響きます。 何と「Cherokee」を21曲目に持ってきたー!! これも久々に生で聴いたのですが、「何、レコード聴いてる?」と思う位に素晴らしい演奏と歌声。 いや~これには参った.... ジョーイ、あなた凄すぎるよ.... 多分、メンバー楽しかったと思いますよ~、凄い良い顔してましたから.... そんなメンバーの顔を観ていたら、こっちも涙出るよ。 ホントに.... 

 そして.... 世界的にも有名となった、あのイントロが会場に響きます。 会場に居る誰もが最後と分かり、また燃え尽きる為に最大の盛り上がりをみせる名曲.... 22曲目「The Final Countdown」の演奏が始まりました。 イントロと同じく位に曲を象徴するソロをプレイするジョン・ノーラムのギター、相変わらずクールで格好良いジョン・レビンのベース、このイントロがなければ曲が始まらないミック・ミカエリのキーボード、未だに活動再開時の変貌ぶりが言われるイワン・ホーグランドのドラム、今回も魂が宿り素晴らしい歌声で魅せてくれたジョーイ・テンペストのボーカル..... 黄金期のメンバー「EUROPE」の単独公演は会場が一体となり終焉です。

 ジョーイは「カワサキ、トーキョー、ジャパン!!」、「サンキュー!サンキュー!!」、「アリガトー!!」を繰り返し、最後に「マタ、アシタ」で締めくくり終わりとなりました。 アッと言う間の2時間.... 20曲オーバーとなった訳ですが、あのパワフルさはどこから来るのだろうか....
19042705.jpg
 大・大・大満足の内容となった、今回の「Tour The Earth」日本公演ですが、終演後の私の状態は「やばい.... 燃え尽きた.... 本当に燃え尽きた....」です。 その疲労度は前回の倍は行くのではないかと思う位です....
19042706.jpg
 この日のセットリストを貰った方がおり、写真を撮らせて頂きました。 こうしてみると、凄く良い曲順だったと私は思っております。 その後、ドリンク引換券で炭酸飲料と交換し一気飲み.... 
19042707.jpg
 最後に外の写真を記念に撮影し、帰宅となりました。

 次はいつ来てくれるのでしょうかね~、新しいアルバムのツアーであれば良いのですが、出来れば1年に1回は来日して欲しいと思ったりして....

 追記:当日参加された方々、盛り上がりましたよね!! 本当にお疲れさまでした~!! ブログのコメントや呟きでやり取りさせて頂いたファンの方々にもお礼申し上げます!! 当日の夜にはラジオ「POWER ROCK TODAY」でこの日の模様が話が出ておりましたが、伊藤正則さんの懐かし話から当日の話、そしてライブへ行かれたファンの方々のコメントも壺にハマりましたね~。 あー幸せな1日でした!! 当日はカメラが入っておりましたので、このライブは是非とも映像化して発売して欲しい....
nice!(65)  コメント(2) 

2019年、久しぶりにEUROPEが来日します!! [音楽]

 先日、ツイッターなる物を覗いてみると、EUROPEのギターリストであるジョン・ノーラムが来年の来日公演の情報を呟いておりました。 来年の4月ですが、久々にEUROPEが来日してくれる事になりました~!!

 2012年の12月からブログを始めた訳ですが、現在までに2回の来日公演がありました。 2013年の「LOUD PARK 13」と2015年の「KAWASAKI ROCK CITY VOL.3 2015」でしたが、両公演共に大変盛り上がりました。

 過去のライブの感想は下記の記事で書いております。(記事のタイトルクリック)
「LOUD PARK 13、久しぶりのEUROPEは感動ものでした。」
「昨日は「EUROPE」のライブで燃え尽きました....」


 私の大好きなバンドであるEUROPEと言えば、「The Final Countdown」を思い浮かべる人が多いと思います。 1983年にメジャーデビュー後、「北欧メタル」の先駆者として今でも活躍しているバンドです。 メンバーの脱退や休止期間もありますが、今年で35周年を迎えました。 前回の来日時から既に3年が経過しておりますが、その間に2枚のスタジオアルバムを発表しており、今回の公演ではこのアルバムの中からもプレイする事になっておりますよ~。

 その2枚のアルバムですが、まず2015年に発売された「War of Kings」ですが、再結成から発表する度に懐古的なサウンドに傾向している流れはそのままなのですが、自分たちの音楽を固定する事無く追求しており、なかなか良いアルバムでした。 このアルバムでの来日ツアーが無かったのが残念でなりません...

 そして2017年に発売された「Walk The Earth」ですが、こちらもクラシカルな楽曲で構成されたアルバムです。 サウンドは70年代を彷彿とさせる内容ですが、聴き始めと同時に、その世界観に引き込まれました。 最後の「Turn To Dust」は涙が出るね.... 今回は、この「Walk The Earth」の世界ツアー「Tour The Earth」での来日となっており、川崎にある「クラブチッタ」で開催されます。

 クラブチッタHP → http://clubcitta.co.jp/001/europe-2019/

 2015年の「KAWASAKI ROCK CITY VOL.3 2015」と同じ場所で開催となり、今回は単独で三日間の公演を予定。 チッタのHPでチェックをしておりましたが、三日間行われる全ての公演で内容が違うとの事。 ううっ.... 全部行きたいけど、それはチョット無理そうなので、どの公演へ行くか良く吟味しなければならない状態です。

 4月26日(NIGHT1)
「WINGS OF TOMORROW」と「WAR OF KINGS」のハイライト曲、 「THE FINAL COUNTDOWN」&「OUT OF THIS WORLD」のヒット曲、最新アルバム「Walk the Earth」からのセット。

 4月27日(NIGHT2)
「EUROPE」と「START FROM THE DARK」のハイライト曲、「THE FINAL COUNTDOWN」&「OUT OF THIS WORLD」のヒット曲、最新アルバム「Walk the Earth」からのセット。

 4月28日(NIGHT3)
「PRISONERS IN PARADISE」と「LAST LOOK AT EDEN」のハイライト曲、「THE FINAL COUNTDOWN」&「OUT OF THIS WORLD」のヒット曲、最新アルバム「Walk the Earth」からのセット。

 どうやら「THE FINAL COUNTDOWN」&「OUT OF THIS WORLD」&「Walk the Earth」が基本となっており、1公演ごとに残りのアルバムから2枚を選び日替わりで選曲した曲をプレイするみたいですね。 しかし.... ここで気付いた事があり、全部のアルバムをたしても9枚分にしかならず、よく読むと「SECRET SOCIETY」と「BAG OF BONES」が抜けていたりして.... 「えー、このアルバムの中からはやらないのか!?」と思いましたが、チッタのHPをよく読むと「※全日程「シークレット・ソサエティ」「バッグ・オブ・ボーンズ」からの曲も演奏予定」と記載されておりましたよ。 なんだ、じゃあ5枚のアルバムからの選曲が基本セットではないか!! 驚いたよ、ホント....

 ここまで公演の内容が判っていると、「さあ、どれに行くか」と考える訳ですが、その前に私が足を運んだ公演を書き出してみたいと思います。 本当であれば初来日時から行く事が出来れば良かったのですが、80年代はどの公演も運悪く行く事が出来なかったのです。

 とりあえず、行った公演と言えば.... 

 1991年「PRISONERS IN PARADISE」のツアーにて来日
 ※このツアー後、長い活動休止期間を経て復活。
 2005年「START FROM THE DARK」のツアーにて来日
 2007年「SECRET SOCIETY」のツアーにて来日
 2010年「LAST LOOK AT EDEN 」のツアーにて来日
 2013年 LOUD PARK 13に出演の為、来日
 2015年「WINGS OF TOMORROW」完全再現+BEST HITSにて来日

 とまあ、こんな感じで6公演へ足を運んだ次第ですが、どの公演も素晴らしく、今でも記憶に残っておりますよ~。「BAG OF BONES」のツアーでの来日はありませんでしたが、ラウパに参加した際に数曲プレイしておりましたので、一応はツアーに入れても良いのかな.... また2015年の公演は「WAR OF KINGS」のリリース前だったので、1曲もプレイ無しでした。(Tシャツは売っていたけどね。)

 そんな訳で、自分が行った公演を考えると「WAR OF KINGS」が入る初日が良い気がする訳ですが.... カップリングされている「WINGS OF TOMORROW」は前回の公演で完全再現を体験しており、非常に悩む所です。 事前に公演のセットリストが判っていると、それこそ楽ですけどね.... それじゃあ楽しみの半減してしまいます。

 今週の土曜日から先行予約が開始となりますので、それまでには行く日を決めなければ.... あと数日しか無い~。

 そんな事を考えつつ、今まで行った公演のセットリストを思い出しておりましたが、今回も「The Final Countdown」と同様に大好きな「Ninja」を聴く事が出来るだろうか.... 期待したい!!

 ※チケットは「POWER ROCK TODAY 」で先行販売の番号を押さえ、無事に押さえる事が出来ました!! 久々に深夜のラジオにかじり付いて聴いてしまったよ.... 


 1986年に行った「ライブ・イン・ストックホルム」でのプレイでは、ギターのジョン・ノーラムがプレイする姿が超カッコイイ事と、ギター・ソロでのアレンジがとっても良い!! 

 追記:2019年4月27日、EUROPEの日本公演2日目に行ってきました!! 超が付くほど濃厚なライブでしたが、燃え尽きました.... 後日、ブログの記事にしましたが、こちらの方にも感想を書いた記事を載せておきます。(記事のタイトルをクリック)
 「27日の土曜日、4年振りにEUROPEの来日公演「Tour The Earth」へ行ってきた!!」

 

nice!(55)  コメント(26) 

家族からの誕生日プレゼント、今年は「EUROPE」のライブBDと新譜CDです!! [音楽]

 夏の暑さが厳しい時でしたが、家族との会話の中で下記の様な会話が交わされておりました。

 「そう言えば、EUROPEの『The Final Countdown』30周年記念ライブが発売みたいだけど、買うのかい?」との問いかけに、「そうだね~、でも新譜が10月に出るのでパスかな~」と回答したのですが、「じゃあ、今年の誕生日プレゼントは『The Final Countdown』30周年記念ライブと新譜だね!!」となりました.... 嬉しい事を言ってくれるではないですか。 嬉しさを隠しながら、「本当、じゃあお願いね!!」との事で会話は終わったのですが、それから数日後には『The Final Countdown』30周年記念ライブが到着しました。 誕生日はまだまだ先ですが、まずは第一弾との事です。
1710201.jpg
 2016年にロンドンの「Roundhouse」にて行われた、『The Final Countdown』30周年記念ライブですが、日本では行われませんでした。 密かに来日を期待していたのに.... 今回の30周年記念ライブですが、二部構成になっております。

 第一部はスタジオアルバム10作目となる『War of Kings』をフルプレイ、そして第二部として『The Final Countdown』のフルプレイとなっております。早速Discをプレーヤーにセットし再生.... 第一部から飛ばしているEUROPEのメンバー達。 アルバムとは構成を変更し、最後にタイトル曲を持って来た訳ですが、とっても盛り上がっております。 そして第二部へ突入するのですが、アルバムの1曲目が「The Final Countdown」なんですよね。 イントロが流れた瞬間に、落ち着いた会場のボルテージはMAXに上昇!! バラード曲の「Carrie」や日本でも人気の高い「ninja」など次々と演奏され、あっと言う間に最後の曲「Love Chaser」となりました。 「The Final Countdown」がメインの時代、ライブの最初に「The Final Countdown」が演奏されてしまう為、ライブの最後にRepriseとして「The Final Countdown」を演奏し終了.... 私として非常に良い内容だったと思います。 羨ましい!! 今からでも遅くはないので、来年辺りに来日して『The Final Countdown』30周年記念ライブを新譜と共にプレイしてもらいたいですね。

 そして月日は流れ.... 2017年10月20日となりました。

 EUROPEの通算11枚目のスタジオアルバム『「Walk The Earth」』の発売日となりました。 家族からは「予約してあるので、当日に届くよ~!!」と言われておりましたが、週末の忙しさで残業.... ヤル気200%で仕事をこなし、普段からでは考えられない位の速さで帰宅となりました。
1710202.jpg
 そして、届いていた新譜を手に取り、「お~、届いているではないか!! ジャケットの雰囲気がガラッと変わったな~」と最初の感想。 しかも、届いたCDをよーく見ててみると..... 「うわっ、これってLOUDPARK13のライブ付きのバージョンだよ!!」となりました。 今回の新譜ですが、日本盤デラックス・エディション(3,000枚生産限定盤)には『LOUD PARK 13』のライブ映像がフルで入ったDVDが付属しております。 2013年10月19日に開催された「LOUD PARK 13」の初日、もう4年も前なのですね.... WOWOWで放送されたバージョンはライブの半分の6曲しか流されなかった為、今回の付属DVDは家宝にしよう!!

 「Walk The Earth」のトラックリストは下記の通り。
 01. Walk The Earth
 02. The Siege
 03. Kingdom United
 04. Pictures
 05. Election Day
 06. Wolves
 07. GTO
 08. Haze
 09. Whenever You're Ready
 10. Turn To Dust

 早速、ライナーノーツを読みながらCDを聴いておりました。 一曲目は公式PVなどで何度か聴いていたのですが、曲が進むにつれグイグイとEUROPEの世界へ引き込まれて行きましたよ。 「良い!! 凄い良い!! ライナーノーツなんて読んでられないよ。」となり、スピーカーから流れる彼らの音楽を全身で受け止めます。 もうね、私は完全にやられましたよ。 本当、私には大ヒットのアルバムです。 全体的にレトロな感じを受ける曲が多いのですが、ライナーノーツに書かれているマサ伊藤氏の言葉を引用すると「重心が低い曲が多く、地に足を付けた、キャリアを経てきたEUROPEらしい楽曲で構成されている。 しかも、クラシック・ハード・ロックへの熱い思いを全編で吐き出し、その濃厚さがアルバムの特徴を決定付けている」との事。 まさに、その通りだと思いますよ。

 あっと言う間に10曲目まで聴き終わってしまった「Walk The Earth」.... 最後の曲である「Turn To Dust」.... その音にビックリしましたよ.... 新譜を聴き終えた私は、そのままの流れで付属DVDを観賞です。

 付属のDVDですが、「LOUD PARK 13」でのセットリストは下記の通り。
 01. Riches To Rags
 02. Firebox
 03. Scream Of Anger
 04. Superstitious
 05. Ninja
 06. Girl From Lebanon
 07. Carrie
 08. The Beast
 09. Seven Doors Hotel
 10. Rock The Night
 11. Last Look At Eden
 12. The Final Countdown

 いや~「LOUD PARK 13」へ行った記憶が蘇りましたよ!! 改めて、このバージョンをプレゼントしてくれた家族へ感謝!! あの日・あの会場でのEUROPEのライブが我が家へやってきた.... と言ったら少し盛りすぎかもしれませんが、観終えた時には汗だくになっておりました。

 面白味は全くないですが、「LOUD PARK 13」へ行った時の記事はこんな感じです。 → LOUD PARK 13、久しぶりのEUROPEは感動ものでした。

 週末は「Walk The Earth」を聴きながら街を歩こう....
nice!(47)  コメント(14) 

久々に BURRN! と Young Guitarを購入!! [音楽]

 昨日は雑誌購入の為、会社帰りに本屋へ....

 久々にBURRN!とYoung Guitarの7月号を購入、両紙共にYNGWIEの記事がある為です。

1606101.jpg
 先日、四年ぶりのアルバムを発表したYNGWIE MALMSTEEN、BURRN!とYoung Guitarの表紙はもちろんYNGWIEになっておりました。
 BURRN!は巻頭にインタビューを掲載。
1606102.jpg
 LAでのインタビューついての記事でしたが、今作について熱く語っておりました。

 Young GuitarはYNGWIEの大特集でした。
1606103.jpg
 こちらはマイアミの自宅で行われたインタビューを掲載。 相変わらず数多くのギターとフェラーリ、YNGWIEらしい。
1606104.jpg
 今月号は後半に大特集を組んでおります、ギャラリー、インタビュー、ディスコグラフィーなど.... 
1606105.jpg
 YNGWIEと言えばストラト、歴代の愛機が紹介されております。
1606106.jpg
 最後はYoung Guitarらしく、イングヴェイ奏法のフレーズとスコアが掲載。 付属のCD-ROMと連動しており、これであなたもYNGWIE!! となるのは、何年先の事やら....

 来日の対しての話もしておりましたので、近いうちにYNGWIEが日本に来てくれる事を信じましょう!!

 この週末はF1のカナダGP、深夜のレースなので起きていられるであろうか.... 

昨日は久々にギター.... [音楽]

 最近、ギターの練習を全くしていない.... 素人同然なので、練習しか上達しないのに!!

 そんな事をかんがえておりましたが、昨日は久々にチョットだけ弾いておりました~。

 会社の先輩が新たなミニアンプを製作、テストで預かった次第です。
 1606081.JPG
 ミニアンプの他にエフェクターも製作、ただただ凄いとしか言えないです.... 本当に凄い。
1606082.JPG
 私が昨年製作したYJM308もどきのエフェクターも繋げ、しばらく弾いておりました。 製作費用は、どちらも5~6千円程とのことでした。 真空管のアンプと真空管のエフェクター.... やっぱり作ってみたいな~。

 ほんの1時間程でしたが、音出しのテストをしつつ、久々にギターを弾く時間が楽しかった!!

 やっぱり、練習は続けないとね.... 

土曜日は、自作エフェクターの基板を再度製作.... [音楽]

 エレキギター用のエフェクターを自作しようと思い、先週末はアキバでパーツを購入。

 ネット上に数ある回路図から「これだ!」と思った物をいくつかピックアップ。 回路図を基にパーツ類を購入した訳ですが、最近はこの手の作業を行っていなかった事もあり、テスト用に1枚実装し音が出る事を確認しました。

 ケースについても、会社から帰宅後のちょっとした時間を使い、穴あけ用の準備と穴あけ作業を行いました。

 そんな事をしながら、あっと言う間に一週間.... 実際に組み込む基板を製作する事にしました。

 前回と同じく、ユニバーサル基板にパーツを実装することになります。 前回製作した基板での失敗を繰り返さない為、秘密兵器を導入しました。

 始めたのが夕方からだった為、CSにてmotoGPのオランダGPの決勝を観ながらとなりました。

 ノンビリと作業していたのですが、とりあえず実装作業が終了。 音出しは日曜日に行う予定にしております。

1506271.JPG 
 前回のテスト用と同じですが、パーツの配置を少し変更。

1506272.JPG
 ハンダ面もこんな感じです....

1506273.JPG
 上はテスト用で作った物ですが、今回はケースに入れる事も考え、コンデンサーは寝かせました。 また、今回の基板は4580DDのオペアンプを装着しました。

1506274.JPG
 前回は抵抗のカラーコードを読み違えると言う、何とも情けない事がありました。 今回は秘密兵器として、このレンズを使用。

 とりあえず、音出しの確認が出来れば、ケースに入れる事になります。 ケースの塗装を考えなければなりませんが、このまま未塗装でも悪くないかな....

 日曜はアキバへ出て、追加でパーツを購入予定にしております。

 motoGP、今年のロッシは凄い!! 久しぶりの年間3勝となりましたが、このまま波に乗ればチャンピオンも夢ではないですね。 しかし、最終ラップの接触、マルケスと当たりはじかれた時には、転倒すると思いました。 レース直後にはお互いが笑顔で挨拶していたので、一安心.... 

エフェクター用のケースを加工、なかなか上手く行かないものだ.... [音楽]

 「思い立ったが吉日」と言いますが、先週末に始めたエフェクター製作の続きです。

 「DOD YJM308」の回路図を基にテスト用を製作、久しぶりにユニバーサル基板に部品を実装しておりましたが、細かい作業が辛くなる年齢なったと痛感しました.... 昔は「遠視」と言われ、今は「老眼」だってさ....

 テスト用に組んだ物なので、出力のレベル等は考えず、とりあえず音が出る所で終了。 本番用の基板は取り回しを再考しながら行う事にし、先ずはケースの加工を行う事にしました。

 月曜日にドリルの刃を購入、火曜日に穴あけの位置を決め、昨日は穴あけを行なっておりました。

1506241.JPG
 大体の位置決めだけ行い、ドリルで穴あけ.... パッと見は良い感じです。
1506242.JPG
 ジャック用に側面も穴あけ、何となく、拡げすぎた感も.....
1506243.JPG
 しかも、良く見れば穴がずれてますね.... まあ、これも自作の醍醐味って事で....
1506244.JPG
 最後は塗装する予定ですので、ケース表面をスポンジ研磨剤でゴシゴシします。
1506245.JPG
 テスト用に組んだ物を取り付けてみますが、既にIN/OUTのジャック位置もズレてるよ....
1506246.JPG
 でも、形になってみると....
1506247.JPG
 まあまあ、良い感じだと思います。
1506248.JPG
 初めてなのでこんな感じですが、何事も一歩目を踏み出す事が大事です....

 週末には本番用の基板を実装する予定、ケースを塗装する為にプラサフも買わないと.... ケースの塗装は何にしようか....

忙しく購入出来なかった、「EUROPE」の新譜をやっと購入.... [音楽]

 今週は仕事が忙しく、気が付けば金曜日となっておりました....

 本来であれば、「EUROPE」の最新アルバムを発売日に購入する予定でした.... しかしながら、仕事が忙しかった関係で、お店へ行く事が出来ません。 「やばい、どんどん日が過ぎていく.... ネットで予約しておけば良かったな~」と反省しながら、今日は仕事を早めに終わらせてCDを買いに行きました。


 必ず購入できるお店という事で、川崎へ....
1503061.JPG
 1月の来日公演が頭の中で蘇ってきます、本当に良いライブだった....

 1503062.JPG
 向った先は「TOWER RECORDS」、目的のコーナーへ行き、新譜の『War of Kings』を手に取り、即座に購入です。 購入後はヨドバシへ向い、3DSのソフトも購入。 そして急いで家に向います。

 1503063.JPG
 やっと購入できた「EUROPE」の通算10枚目のスタジオアルバムである『War of Kings』.... どの音楽も最初に聴くときの期待感がたまらないです....

 明日は新譜を聴きながら、3DSのすれ違いを行う為、外出予定.... F1の開幕も来週となりますが、ホンダがやっているイベントにも行かなければ....

EUROPEの新作『WAR OF KINGS』のPV、今作も良い感じそうだ!! [音楽]

 まだまだ来日公演の熱が冷めない状態ですが、国内発売を来月に控えた「EUROPE」の10枚目となるスタジオアルバム『WAR OF KINGS』....

 公式HPがリニューアルし、今回のアルバムに向けて新しい装いになりました。

 EUROPE公式HP → http://www.europetheband.com/

 「お~、『WAR OF KINGS』仕様にHPが変わったぞ、なかなか良い感じのHPだ!!」と言いつつ、HPを観ておりました。 NEWSはFacebookに飛ぶ形に変わりましたが、『WAR OF KINGS』のPVが乗っており観賞....

 『WAR OF KINGS』 Official Video

 「良い、私的には期待できるアルバムじゃあないか!!」と何度も繰り返して観賞しておりました。 チョットだけブラックサバスっぽい感じだと思いましたが、これはありだと思います。 早く他の曲も聴いてみたいと思わせるPV、ジョン・ノーラムはストラトを使用していましたね。 昨年からストラトも久々に使用し始めたとの事ですが、先日の来日公演で観たジョンのストラトを弾く姿.... 「やっぱりコレだよな~」と思わず口から出た位です。

 日本発売元のビクターエンタテインメントのHPの説明では、新たなマネジメントとプロデューサーと契約し10枚目のアルバムに挑んだとの内容でした。 マネージメントはSiren Artist Management、プロデューサーは米国人のデイヴ・コッブと組み、ドイツの大手レーベルUDR Recordsからリリースするとの事.... 日本はビクターエンタテインメントからですが、レコーディング・スタジオも新しいスタジオにて行い、30周年を過ぎてもなおチャレンジを止めないと書いてあります。

 前作はブルース調の曲が主体でしたが、今回の作品では「EUROPE」らしさが前面に出ているとの内容です。 実際、『WAR OF KINGS』のPV、「EOROPEしてるよ、ジョンのギターにも出ているぞ!!」と言った感じです。 今回のタイトル・トラックはスウェーデン人作家のランス・ベンツォンが書いた小説「長い船団」を題材としており、10世紀後半の世界でヴァイキング達が冒険する内容との事です。 原作を読みたいと思いましたが、映画化もされているみたいなで、時期をみて観てみようと思います。 しかし、再始動後に発表したアルバムは色々な意味でチャレンジし続けているので、聴いていて飽きませんよ。

 発売まで一ヶ月を切りましたので、後は発売日を指折り数えて待つばかり.... 早くこいこい発売日!!

 『WAR OF KINGS』
 01. War Of Kings
 02. Hole In My Pocket
 03. The Second Day
 04. Praise You
 05. Nothin' To Ya
 06. California 405
 07. Days Of Rock 'N' Roll
 08. Children Of The Mind
 09. Rainbow Bridge
 10. Angels (With Broken Hearts)
 11. Light It Up
 12. Vasastan (instrumental)

  今週末はアルバムを最初から聴きながら、西新宿でYNGWIEの来日公演の音源をゲット予定....
タグ:音楽 EUROPE yngwie

今週も仕事は順調、会社帰りにBURRN!を購入.... [音楽]

 今週はYNGWIEの来日公演へ行き、圧巻のステージを観る事が出来ました.... さすが「王者」です。

 毎年とは言わないですが、2~3年に一回は来日公演をしてもらいたいと思います。 日が浅いだけに、思い出すだけで涙腺が緩んできます....

 そんな事もあって、今週は仕事にも力が入りました。 テンションが上がっておりますので、バリバリとこなしておりました。 そして気が付けば金曜日.... なんとも良い気分で週末を迎えることになります。

 そんな今日の会社帰りに本屋にて「BURRN!」の3月号を購入です!! 家族から「出てるよ」と言われ、会社帰りに急いで購入しました。
1502061.JPG
 表紙は「KISS」です、今月40周年記念ツアーで来日ですが、ポール・スタンレーは若い!! 「KISS」も良い曲が多いですよね~、良い意味でパワフルなオッサンです!!

 今月号の「BURRN!」には先日行った「カワサキ・ロック・シティ VOL.3」のライブレポートが掲載されております。 内容的には私の行った単独公演の翌日のライブについてですが、行っていない日の内容だけに読み応えがありました。
1502062.JPG
1502063.JPG
 しかしながら単独公演へ行ったのは私的には正解だったと思います。 SPOTLIGHT KIDS内に「こぼれ話」としてEUROPEの来日公演についての記事があり、むしろコッチの方が面白かったかな....

 来月号は来日インタビューが掲載される予定ですので、そちらも期待ですね。 YNGWIEの記事も載るのかな.... 来月はいよいよEUROPEの新譜「WAR OF KINGS」が発売になりますので、まだまだワクワク感は続きます。 

 そんな感じで、雑誌を読みながらCDを聴き、公演の感動を思い出しながら週末は外出予定。 明日はアキバか新宿か.... YNGWIEのブートは流石にまだだろうな~。